キッチンリフォームの費用と相場

キッチンリフォームはどのようなシステムキッチンを導入するか?によって価格が大幅に変わってきます。

 

安く抑えたいのであれば50万程度でキッチンリフォームが可能ですが、少しよいものを選べば150万円前後はかかるでしょう。

 

キッチンをリフォームする前に見るサイト※理想のキッチンを比較・検討

 

キッチンの種類やグレードによってリフォームの費用は大きく異なります。

 

キッチンの種類は、I型、L型、対面型に分類されますが、それぞれのグレードによっても費用は違ってくるのです。

 

それぞれの分類ごとの費用相場をまとめてみましょう。

 

・I型キッチン

I型キッチンは最も一般的な型のキッチンになるので、種類や価格帯の選択の幅が広く、キッチンを大きくできない間取りでも対応しやすいでしょう。

 

I型キッチンのグレード別相場は以下の通りです。

 

  • シンプル:50〜80万円
  • スタンダード:60〜90万円
  • ハイグレード:70〜120万円

 

・L型キッチン

L型キッチンは銅線が短くて動き回らず効率的に利用できるレイアウトが特徴。

 

I型キッチンの次いで人気のあるタイプです。

 

 

L型キッチンのグレード別相場は以下の通りです。

 

  • シンプル:65〜90万円
  • スタンダード:75〜120万円
  • ハイグレード:85〜130万円

 

・対面型キッチン

最近人気があるのが対面型キッチン。

 

壁側を向いていないため家族とのコミュニケーションがとりやすいです。

 

ただ配管の状況によっては工事費が高くつくこともあります。

 

 

対面型キッチンのグレード別相場は以下の通りです。

 

  • シンプル:70〜100万円
  • スタンダード:80〜130万円
  • ハイグレード:90〜160万円

 

キッチンリフォームで導入すると良いもの

キッチンをリフォームする前に見るサイト※理想のキッチンを比較・検討

 

・引き出し式フロアキャビネット

システムキッチンの特徴の1つといえる「引き出し式フロアキャビネット」は立ったまま上から見渡せ、取り出しやすく、隅々まで効率よく収納できます。

 

・パントリー

パントリーとは食品庫の役割を果たす収納部屋で、畳1枚分の広さでも棚を工夫することで十分な収納量が確保できます。

 

キッチンに収まりきらない食器、食材、キッチン家電などの収納にも最適です。

 

・ビルトイン食器洗い機

システムキッチンにビルトインで組み込んだ食洗機は、置き場所を気にする必要もないので、キッチン自体がすっきりとします。

 

食洗機があれば後片付けの手間が省けるので時短にもつながるでしょう。

 

また食洗機があれば手で食器を洗わなくて済むので、手荒れにお悩みの方にもおすすめです。

 

・シャワー式水栓

シャワーに切り替えられるタイプの水栓金具のことをシャワー式水栓と言います。

 

シャワー式水栓にすれば、シャワーのように水が広がるので食器や食品、シンクまで洗いやすくなります。

 

シャワーヘッドの部分に浄水器が組み込まれているタイプのものであれば、水を出すだけで簡単に浄水を使うこともできますよ。

 

キッチンリフォームが完了するまでの手順と期間

 

水回りのキッチンリフォーム工事はおよそ1週間程度かかります。

 

キッチン全体のリフォームをする場合、既存のキッチンを解体・撤去するのに丸1日、下地補修と給排配管工事で3日程度かかります。

 

それが終われば新しいキッチンの取り付けと調整を行うので、その工程に2日程度必要になるでしょう。

 

またどこまでをリフォームするか?によってもリフォーム期間は異なります。

 

キッチン交換のリフォームだけであれば2〜4日程度の工期になりますが、内装まで含めたリフォームになると2〜6日程度必要です。

 

さらにキッチンの位置変更を伴うリフォームであれば、5日以上の日数が必要となるでしょう。

 

キッチンリフォームの手順は以下の通りです。

 

1、現場調査、見積もり

実際に自宅に伺い、見積もりを提出し、納得した上で工事依頼を申し込みます。

 

2、契約、日程打ち合わせ

契約書などの書類を記入し、日程を打ち合わせします。

 

商品が納期するまでに2〜3週間程度かかることもあるでしょう。

 

3、着工からキッチン搬入〜施工

養生を行った後、既存のキッチンの解体・搬出を行い、設備工事を行います。

 

さらに下地手直しを行い、組立・施工、ガス漏れや漏電などをしていないか設備接続を行います。

 

4、検査・試運転

試運転をしてみて、取り付けした機器がきちんと動くかどうかを動作確認します。

 

キッチンリフォームの一括見積もりができるところ

タウンライフリフォーム

https://www.town-life.jp/reform/kitchen/

キッチンの悩みやリフォーム要望入力するだけでオリジナルの提案がもらえる
全国300社以上の信頼あるリフォーム会社から見積もり請求が可能
リフォーム費用・見積もりが無料で請求でき、他者と比較しやすい

タウンライフリフォームはキッチン・台所のリフォームプランの見積もり比較サイトです。

 

利用満足度、使いやすさ、サイト利用者安心度のリフォーム部門で3冠達成しており、一定の基準をクリアした優良会社からリフォームプランを無料で請求することができます。

 

タウンライフリフォームを利用すれば複数のキッチンリフォーム対応会社から、悩みや要望に合わせたキッチンリフォームのアイデア&アドバイスをもらえます。

 

またキッチンの広さや形状に応じたキッチンのプランを複数の専門家が提案してくれるので、賢くリフォームすることができるでしょう。

 

ホームプロ

https://www.homepro.jp/

厳しい基準をクリアした優良リフォーム会社1200社から見積もり請求が可能
口コミ評価もチェックできるので、利用者の生の声を知ることができる
利用満足度90%以上!中立の立場で地元の優良リフォーム会社を紹介してくれる

ホームプロは優良リフォーム会社を比べて選べる比較サイトです。

 

全国80万人以上が利用する実績NO1「リフォーム会社紹介サイト」であり、中立の立場で地元の優良リフォーム会社を紹介してくれますよ。

 

ホームプロには審査を通過した全国約1200社が加盟しており、サービス向上のために加盟会社の指導・育成も行っています。

 

また施主によるリフォーム会社の評判や口コミも公開しているので会社選びの際には役立つでしょう。

 

万が一リフォーム会社が倒産してしまった場合でも、ホームプロ独自の保証である「無料の工事完成保証」があるので安心して依頼できる点も魅力です。

 

リフォーム比較プロ

http://reform-mitsumori.com/

簡単60秒で無料比較ができるので、請求が簡単
状況にあわせてお近くの業者を厳選して3〜4社紹介してくれる
プラン、見積もり、診断はすべて無料で利用できる

リフォーム比較プロはリフォームをお考えの方に、プラン&見積もりを無料で取り寄せる全国対応の比較サイトです。

 

近くのリフォーム業者をしっかりと比べてじっくり検討することができます。

 

厳選した3〜4社を簡単に比較できるので、初めてのリフォームでも安心感があります。

 

またプラン、見積もり、診断はすべて無料で、1分でプラン&見積もり請求が可能です。

 

業者によって提案内容や見積もり金額は大きく異なるため、見積書の比較まで細かい部分までしっかりと確認しながら検討しましょう。

 

複数のリフォーム業者を比較することで安い費用でリフォームを依頼できますよ。

 

キッチンリフォームで人気のあるメーカーと種類

キッチンをリフォームする前に見るサイト※理想のキッチンを比較・検討

・クリナップ

クリナップの「クレンレディ」はシンクやワークトップだけではなく、内部の構造体も全てステンレスの「ステンレスエコキャビネット」を採用。

 

オールステンレスなので見えない部分のカビや匂いを防ぐことができ、毎日使用するキッチンを清潔に保つことができます。

 

またクリナップの「流レールシンク」はゴミが排水口に流れやすい新構造。

 

排水口の位置も片側に寄せられているので、反対側には一時的にものを置いても濡れにくくなっていますよ。

 

扉のカラーは40色もあり、バリエーション豊か。

 

クリナップの「S.S.」はさらに高品質なステンレスを採用。

 

業務用の厨房よりも厚みのあるステンレスを使用したプロ仕様のワークトップも選択可能です。

 

また、ステンレスワークトップのほぼ全面に2つのコーディングが施されている「美コートワークトップ」が特徴。

 

擦れやキズに強く、キズが目立ちにくい特殊エンボス加工になっていて、さらにそのうえに親水性の特殊コーディング「美コート」を施しています。

 

・Panasonic

Panasonic「ラクシーナ」は広々仕えるフラットワイドコンロが魅力的。

 

トリプルワイドで3つの鍋が横並びになることで、効率的に調理ができるでしょう。

 

さらに換気扇にはエコナビが搭載されており、調理センサーでコンロ上の調理物の温度を探知。

 

調理にあわせて自動で換気風量を調整してくれますよ。

 

「Lクラスキッチン」は豊富なカラーバリエーションがあり、扉のカラーは16シリーズ100柄。

 

ワークトップも29柄から選べるのでバリエーションが多いキッチンといえるでしょう。

 

またLクラスキッチンではマルチワイドIHも選択可能。

 

3つではなく、4つのお鍋が横並びに置けて同時調理ができるので、料理好きの人でも満足できそうですね。

 

 

TOPへ